石井先生のSSP推薦文

ショートスリーパーになる方法に遺伝子は関係ない?


前回にひき続き、このホームページの睡眠時間を短くする7つの短眠法では、
ショートスリーパーになる方法をお伝えしていきます。


『睡眠時間は遺伝子によって生まれつき決まっている』

という話も聞いたことありますが、医者の友達や大学の教授な
どの人たちに確認してみたところ、これはハッキリわかっていないようです。


しかし、わかっていることもあるようで、

・外からの刺激で睡眠時間が変わることがある。

・睡眠時間が変わった人は、短くなっても長くなっても
 健康や寿命には影響がなかった。

ということです。


極端な例ですが、第一次世界大戦中にポール・ケルンという
ハンガリーの兵士が頭を打ち抜かれて、脳にケガができちゃったんですね。

で、原因がわからないんですが、
ポールさん眠れなくなっちゃったんですよ。
医者がいろいろ試したんですけど、ほんとにポールさん眠らないんですね。

それでお手上げになった医者たちは
『ポールは長く生きられないだろう』
って結論を出したんですけど、

眠れないにもかかわらずポールさんってずっと健康に過ごしたんですね(笑)
彼は眠らないんですけど、ときどき目をつむって休息をとったそうです。

ポールさんの事件は医学上の謎だそうですが、
もし健康にあまり関係ないとしたらなぜ人間は睡眠を
とるのでしょう。


実際に、睡眠の世界的権威である、ナサニエル・クリトマンは、
『眠れなくて死んだ人は一人もいない』
といっています。



実際に、私はショートスリーパーになる方法を千人以上の人達に
教えてきたのですが、睡眠時間が短くなって不調になった、
という話は一向に聞きません。

私自身、11時間以上眠っていた状態から、ショートスリーパーになる方法で、
今はだいたい4時間くらいの睡眠しかとっていないのですが、
健康状態は11時間以上眠っていたときよりもはるかにいいです。


とはいっても、もちろん、無理矢理睡眠を削ったり、
今まで8時間以上眠っていた人が、急に3時間睡眠にしたら
健康に悪いことは当たり前です。

今までの話で、>>こちらのページで紹介する
ショートスリーパーになる方法は無理やり根性で睡眠時間を
減らす方法ではないということが、わかっていただけると思います。

コツは、起きている時間を楽しく過ごすこと、なんですね。
ショートスリーパーになる方法で、人生の時間を増やし、
しかも楽しい時間が増える!!

そして、あなたの試験勉強や夢の実現に役立てば、
とても嬉しいです♪

1、楽しく短時間睡眠を実践する考え方の記事一覧
1、睡眠時間を短くする方法、健康的に睡眠を短くする秘訣とは?
2、ショートスリーパーとロングスリーパー、どちらが有利?
3、睡眠時間を短縮して健康になるのはなぜ??
4、ショートスリーパーになる方法に遺伝子は関係ない?

聞き流すだけで短い睡眠に・・・音声プレゼント中♪

5年間で 1073名が短眠法を習得した、うつ病の私でも出来た、
最も簡単な短眠法のマスタープログラム。

その音声セミナーの一部と、 意志が弱い人こそ短眠になれる!
プレミアムメールセミナー をプレゼントさせていただきます。

合計62分の音声セミナーです。

以下のフォームに お名前と メールアドレスを入力し、
そして 「登録内容を確認して、音声セミナーを聞く」 をクリックしてください。

(プライバシーは、完全に保護されますので、ご安心ください)

※お客様のご入力情報をより安全に送信するためSSL(暗号化)通信を行っております
※ご入力頂いたメールアドレスに、20秒ほどで ダウンロードURLをお送りしま す。


サイト管理人
center
管理人の上田真司です。

私は、今でこそ、能力開発のコンサルタントとして、医師や弁護士、営業マン、受験生などにやる気アップ法や記憶術を教えていますが、以前は11時間以上の惰眠生活で無気力な人間でした。

そんな私でも、短眠法で4時間半睡眠のショートスリーパーに変わり、仕事も 勉強も 他人の数倍こなせるまでに人生が一変したのです。

このサイトでは、怠けものの私をガラッと変えてしまった短眠法のノウハウを公開します。
>>詳しいプロフィールはこちら
無料プレゼント一覧
短時間睡眠法(4時間半熟睡法)公開
延べ2000人を“短眠型人間”へと導いた 本物の短眠法を、体感して下さい。
真の人生成功法則
200年以上 成功者に読み継がれている。伝説のバイブルを、無料で公開!