朝起きる方法サイトトップ > 早起きのコツ~3つの壁を乗り越えて簡単に早起きに~

朝決めた時間に起きるコツ

前回の記事「朝スッキリ目覚める方法」では、スッキリ目覚めるのに必要な心を育てる方法についてお話しました。朝決めた時間に起きるためにも大切な内容ですので、まだご覧になっていない方は、まず前回の記事をお読みください。

>> 前回の記事。二度寝をなくし朝スッキリ目覚めるコツ

たしかに、朝寝坊や二度寝は気持ちいいですが、(それはまぎれもない事実です:笑)“二度寝の気持ちよさ”よりも“朝起きたい気持ち”を強くすれば、朝スッキリ目覚めるようになっていきます。

そして、その“朝起きたい気持ち”をさらに育てることによって、朝決めた時間に起きることもできるようになっていきます。第一、朝決めた時間に起きるのが楽しくなってくるんですね!(楽しくなければ、続きませんので、朝起きることも楽しみましょう♪)

そして、朝起きたい理由が○○するためだ!と、しっかりあるならば、
朝以外の時間に、決めた時間に○○ができているか? が大切なポイントになります。

少し具体例をあげますと、朝起きたい理由が“読書する時間を持ちたい”だとしますね!(読書以外のことをしたい人は、“読書”を別の言葉に置き換えて読んで下さいね。)

だんだん読書したい気持ちが育ってきて“読書大好き状態”まで愛情が育ってくると、朝以外の日中の時間にも、読書するチャンスが結構あることに気付いてきます。

たとえば、・電車での移動中や・朝の準備を終わらせたあと・仕事の帰って家に着いてからテレビをみるまでの時間、などなど。朝起きなくてもできる時間があることに気付いてくるんですね。

すると、その時間に“読書しよう”と思い、読書できるようになってきます。

このように、日中に決めた時間に“読書”できるようになると、朝も決めた時間に読書するのが簡単になってきます。日中に10分でも5分でもいいので、朝やりたいことをやってしまうんですね。

これをやることによって、やる前の“面倒な気持ち”がだんだんとなくなってきます。そして“やりたい気持ち”が強くなってきます。特に5分とか10分だけやると、“もっとやりたい!”という物足りない気持ちも育ってくるんですね。

そうすることで、“じゃあ、朝起きてまとまった時間をやろう”という風に自然に思えるようになってくるわけです。このように、“朝起きる理由を自分に問いかける”そして“実際に行動に移していく”ことで、朝決めた時間に起きてしたいことができるようになってきます。

日中の行動を改善して、朝決めた時間に起きられるのは少し不思議な感じもしますけど、朝起きるのも自分ですし、日中に行動するのも自分です。

日中の自分を“決めた時間にしたいことをできる自分”に変えていくことで、朝の自分も“決めた時間に起きることができる自分”に変わることができるんですね!一連の記事がこの記事を読んで下さっている二度寝対策のお役に立てば嬉しく思います。

聞き流すだけで短眠に!短眠法、無料音声プレゼント

ホームページにご訪問くださり、誠に ありがとうございます!
訪問者して下さったあなたに、ささやかですがプレゼントがございます♪

それは5年間で 1073名が短眠法を習得した、
最も簡単な短眠法のマスタープログラム。

その音声セミナーの一部( 合計62分/MP3ファイル )と、
意志が弱い人こそ短眠になれる! プレミアムメールセミナーを
無料で あなたのメールボックスにお届けいたします。

これだけでも、睡眠時間を短縮し朝2時間 早く起きられる為、
       
短い時間で 深く眠りたい人
仕事や読書、勉強時間を増やしたい人
「脳」や「体」を、その日のうちにリセットさせたい人
眠っている「脳力」「能力」を 100%発揮したい人
つねに最高のパフォーマンスを発揮したい人


に聞いて頂けましたら嬉しく思います。

以下のフォームに お名前と メールアドレスを入力し、
そして 「登録内容を確認して、音声セミナーを聞く」 をクリックしてください。

(プライバシーは、完全に保護されますので、ご安心ください)