11時間睡眠の怠け者だからこそ出来た方法を公開!

よく読まれている 人気記事TOP5


資格試験・受験勉強の方に人気の記事TOP5


最新情報

2014年11月20日睡眠時間を短くする方法
健康的に睡眠時間を減らす方法
2014年11月9日朝起きる方法
汝自身を知れ、ギリシャの格言に学ぶ
2014年10月16日お知らせ
■短眠法サイト更新のお知らせ
2014年10月11日熟睡する方法
身体のだるさ解消法~休みながら脳を活性化する
2014年4月16日モチベーションアップ方法・理論
性格を変えるには?~短眠法で前向きになり、彼女が出来た体験談~

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

健康的に睡眠時間を減らす方法

■健康的に睡眠時間を減らす方法

こんにちは。上田真司です。
本日もメルマガをお読み下さり、ありがとうございます。

 今回の内容は、2014年11月19日に発行したメルマガを
 一部内容を削ってお届けしております。

 短眠法のメルマガは、>>無料プレゼントのページから、
 音声セミナーを受け取った方のみに送信しております。

先日、睡眠時間を減らす方法の教材を購入者された方から
このようなご質問をいただきました。

「短眠になりたいけど、
 睡眠時間を減らして危険ではないのでしょうか?」
─ と。

 
上記のようなご質問を、メルマガ読者さんからも頂きましたので、
もしかしたら、疑問に思っておられる読者さんも多いかもしれない。
と思いましたので、この場をお借りして お答えしたいと思います。
 

やっぱり不安ですよね…

 
実は 私も、睡眠時間を減らすのは危険だと思っていました。

というのも、徹夜をして 心臓まひになる人がいたり、
平均寿命はしっかり眠っている人のほうが長い、

という、医学的な統計を見たことがあったからです。
たしか、その時は、7時間睡眠が一番寿命が長い睡眠時間でした。

 
その統計をみた時に、
「よし!自分は7時間たっぷり眠って健康に生きるぞ!」
と思ったものです。

ところが、色々本を読んだり、人にあって話を聞くうちに、
ショートスリーパーでも長生きで、しかもロングスリーパー
よりも健康的な人が、沢山いる事
がわかってきました。

たとえば、

一番有名な例ですと
“生き方上手”などのベストセラーを書かれた日野原先生ですね。
 

ウィキペディアから引用します。

 100歳を超えてなお、スケジュールは2、3年先まで一杯という
 多忙な日々を送る。乗り物でのわずかな移動時間も原稿執筆に使い、
 日々の睡眠時間は4時間半、週に1度は徹夜をするという生活だったが、
 96歳にして徹夜をやめ、睡眠を5時間に増やしたという(Be2008年1月5日)。

 本人は少なくとも110歳まで現役を続けることを目標にしていると語っている。

 <引用>
  >>ウィキペディア:日野原重明

…凄いですね(汗)
改めて、人間の無限の可能性に驚くばかりです。

 
日野原先生の例を見ながら、

睡眠時間が長くて寿命が長いのもいいけど、
 睡眠時間が短くて寿命が長いのはもっといいな

と思ったのが、私が睡眠時間を減らす方法を研究するキッカケの一つでした。

 
そして、研究していくうちに、同じ睡眠時間が3~5時間の人でも、
下の二つのタイプに分かれることに気付いたのです。

┏────────────────────────────────

 仕事上や環境上仕方なく睡眠時間が短い人

  無理やり睡眠時間を短くするため
  身体に負担がかかり早く亡くなる方も多い

 短い睡眠時間でも完全に体力が回復している人

  いわゆるショートスリーパーと言われる人達

  ストレスがたまりにくいので、病気に強く
  長生きるする人が多い

┗────────────────────────────────
 

もちろん、私がクライアントさんと共に短眠法で目指していくのは、
“短眠法を実践して短い睡眠で元気に動ける人”です。

今日はついでですので、その状態になるためのポイントをご紹介します!
 

健康的に睡眠時間を減らすポイント

 
大事なのは、やはり、
これまで実践しなかったことを実践すること、ですね!

 
たとえば、

 ・音声を聞き流し、これまで入ってなかった情報を脳に入れる
 ・会う人や接する人を変える
 ・出来る範囲で習慣を変えていく

などです。
 

これまでやっていた事を続ければ同じ結果になりますが、
違うことをやれば、必ず違う結果がでます。

 
そして、短眠になるための方法はこれまでのメルマガや、
メルマガ読者さん限定の音声でもお話していますが、大事なのが、
“危険と思わない範囲で実践すること”だと経験から感じます。
 

何度も痛い目に会いました…

 
というのは、私も何回も失敗したのですが…

危険を冒して続けられない事を実践すると、
必ず後で身体や精神に反動がくるんですね。
 

たとえば、

 ・急激に小食にする
 ・急に3時間睡眠で無理やり起きる
 ・今まで運動したことがなかったのに、
  突然、無理な運動をはじめる

などなど。

 
これをすると、急激に痩せて体力が戻らなくなったり、
突然、沢山の睡眠時間が必要になったり、急にダウンしてしまう。

ということが起きてしまいます。

睡眠時間を減らす方法の教材の中でも繰り返しお話していますが、
身体が危険を感じないためにも心がけるべきことは、

 ・睡眠を減らそうとしない
 ・毎日を楽しくする習慣を身につける
 ・潜在意識を書き変えて自然に短眠になる

ことだと私は思います。
 

ぜひ、教材をお持ちの方は教材を、持っておられない方は、
これまで お届けい致しました音声などを 聞き流してみて下さい。

そして、自分が出来るところから実践してみてください。

すると、最初は、

 ・いつも疲れるところで、あまり疲れなかった
 ・前よりも集中力が上がった

という変化が起きると思います。
 

起きている時間の“心”を変えると…

 
日中に変化が起きると、だんだんと、
実践して向上することが面白くなります。

さらに進化を続けると、

・いつも8時間寝ていたけど、ときどき睡眠が
 5時間や4時間で目が覚めるようになった

という日が増えてきます。

 
この時、
身体はスッキリしているので、あまり危険な感じはしません。

日々の習慣や潜在意識が変わることから、短い睡眠時間で
疲労が回復しているから
です。

 
あとは、さらにこれまで配布した音声や、短眠法の教材を
実践して毎日を楽しくすることに集中していきます。

すると、短い睡眠時間で起きることができる回数が
多くなってきます。
 

このように、

“小さな事に見える積み重ねが大きな結果を生む”

これは、これまで配った音声でもお話している通りですね。
 

極意は楽しむこと

 
このように、危険じゃない範囲からやっていくことで、
短い睡眠時間でも健康的に楽しく短眠になっていけます。

「無理に睡眠を減らすのは危険だけど、
 短眠法を実践して睡眠を減らすのは危険じゃない」

というのが、今のところの私の結論です。
 

今回の記事が、睡眠時間を減らす方法を実践する不安が減り
あなたの夢や目標を実現するお役に立てば幸いです。

今日も最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。
 
上田真司

汝自身を知れ、ギリシャの格言に学ぶ

■汝自身を知れ、ギリシャの格言に学ぶ
 
こんばんは、上田真司です。

夜遅くの更新になりますが、
本日もお読み下さり、ありがとうございます。
 

古代ギリシアの格言に
「汝自身を知れ」
という言葉があるそうですが、経験上、
自分を成長させる上で、自分の全てを知るのが
最善の方法だと思います。
 

たとえば、睡眠時間一つとってもそうです。

人によって、最適な睡眠時間がありますが、
意外と自分で自分の最適睡眠時間が分からない人が多いです。

 
その結果、

・自分にとって無理があるような短い睡眠に挑戦してしまう
・長すぎる睡眠時間になってしまい、かえって体調を悪くする

といった悩みや症状が起きてしまいます。

 
ところが、自分にとって最適な睡眠時間を知り、
ちょうどいい睡眠時間を毎日リズムよく取る事で、
記憶力、集中力がベストの状態で仕事・勉強に臨めます。

といっても、なかなか最適な睡眠時間を自分で算出するのは
難しいですので、自分にとって最大のパフォーマンスを発揮
する睡眠時間を算出する方法を下の記事に書きました。

>>あなたにピッタリな健康的な睡眠時間

疲れや集中力の低下、日中の眠気が気になる場合は、
お役に立つと思います。

本日を最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 
上田真司

■短眠法サイト更新のお知らせ

こんばんは、上田真司です。
短眠法のサイトに記事を加えました。

>>小食健康法を継続して実践するコツ

多くの健康法・食事法がなぜ続かないのか?
その原因と改善策についてお話しております。

お役に立てば幸いです。
 
上田真司

身体のだるさ解消法~休みながら脳を活性化する

■身体のだるさ解消法~休みながら脳を活性化する
 
こんにちは。上田真司です。

肌寒くなってきた所で、久々のメルマガですが、
お読み下さり、ありがとうございます!!

 今回の内容は、2014年10月9日に発行したメルマガを
 一部内容を削ってお届けしております。

 短眠法のメルマガは、>>無料プレゼントのページから、
 音声セミナーを受け取った方のみに送信しております。

私は、相変わらず方向音痴で、出張先で道に迷ったり、
なぜか平地でつまづいたりしながら、元気に過ごしおります★
 

さて、前置きは早めに切り上げて、
さっそく内容に入りたいと思います。
 

今の時期のような季節の変わり目は、

体調を崩して風邪をひいたり、
冷え性で、体が冷えて服を着ても寒い
夏の疲れなのか、なぜか身体がダルい

などの症状に悩む方が多いです。
 

そこで、今回は、今の時期に出てきやすい疲労感や
便秘や冷え性を改善する方法をお伝えしたいと思います。
 

しかも、疲労を解消する方法に至っては、
怠けながら脳を活発にする方法ですので、

残暑に特に効きますが、いつの時期でも効果はありますので、
集中力を上げたい方や、勉強や作業の能率をアップしたい方にお勧めの内容です。
 

残暑に出てくる疲労感の対処法

 
夏が終わった9月から10月あたりに疲労感が出てくる人は、
身体が冷えている場合が多いです。
 

夏は、外の気温が高いため、体もそれに適応するために、
汗をかいたり血管を拡げたり身体の熱を逃がすように準備します。
 

ただ、身体の働きだけでは限界がありますので、

・身体が冷える食べ物、飲み物を取る
・冷房や水などで適度に身体を冷やす

など、身体の働きを助けてあげると、
疲れやすい夏でも、健康を崩さずに活動できます。
 

度が過ぎると…

 
しかし、ここでやってしまいガチなのは、
“冷やし過ぎ”なんですね。
 

身体が熱を逃がす準備をしているのに、

 ×身体が冷える食べ物、飲み物を取り過ぎてしまう…
 ×冷房などで身体を冷やし過ぎてしまう…

と、追い打ちをかける事で、いまの時期になって
身体の冷えからくる体調不良に悩んでしまいます。
 

まさか熱い時期に体が冷えていると思わないので、
“冷えからくる疲労”は盲点になっている場合が多いです。
 

もし、思い当たる人は、体を温める食べ物を意識してとったり、
夜に半身浴で体温めるのがおススメです。

特に、忙しい人に半身浴は、とっっってもおススメです!!
 

半身浴の意外な効果

 
というのも、脳の働きアップさせるには、
“なにもしない時間”“ボケーとする時間”
も意外と大事
だったりします。
 

実際に大学の研究でも、何もしていない時間を
とることで脳が活性化して、作業効率が上がる事
がわかっています。
 

脳の働きに興味のある方は、サイエンスzeroという番組の、
『ぼんやりに潜む謎の脳活動』を見て下さい。

ぼんやりしている間に、脳がどんな活動をしているか知れば、

「えー!!ぼんやりにこんな秘密があったなんて!
 よし!今日からぼんやりするぞ!」

と前向きにぼんやりできると思います。
 

ネット上に番組の動画がありましたので、
下に貼っておきますね。

(2014年10月11日の時点で視聴可能ですが、
 その後、動画は消されている可能性があります。

 その場合は、お手数ですがNHKオンデマンドや
 レンタルDVDなどで、ご視聴下さい。)
 

実際に、あの将棋の天才 羽生さんも、なにも考えずに
散歩する時間を意識して取るようにしているそうです。

実験データだけではなく、大きな結果を出している人が、
実際に、実践している、なると説得力がありますね!
 

ただ、以前の私のように、家に引きこもって、一日中、
何も考えていないのは、かえって脳をダメにしますので、
ぼんやりし過ぎには気をつけましょう(笑)
 

一粒で三度おいしい♪

 
半身浴の話をしていたのに、いきなり脳の話になりましたが、
カンのいい方は、もうお気づきだと思います。

 
そうです!

半身浴をすることで、強制的に20分くらい、
なにもしない時間が生まれる
のです!

しかも、お湯につかってリラックスしているので、
ボケーっとしやすいんですね。
 

この時間に、音楽を聞いたり、なにも考えず
周囲の音や虫の鳴き声に耳を傾けたりする事で、

リラックスしてストレス解消できる!
体も温まり、身体の冷えも解消できる!!
さらにさらに、ボケーとする効果で脳の効率もアップ!

と一石三鳥のおいしい行動になってしまいます。

 
最近、カウセリングばかりしていたので、
文章を書いていると面白くなってきて、
ちょっと長くなってしまいました…汗
 

冷え性や肩コリ、便秘に効く方法などは、
また次回のメルマガでお伝えしたいと思います。

久しぶりでしたが、最後までお読み下さり、
ありがとうございました!!
 

上田真司

性格を変えるには?~短眠法で前向きになり、彼女が出来た体験談~

性格を変えるには?~短眠法で前向きになり、彼女が出来た体験談~

おはようございます、上田真司です。
いつもブログをお読み下さり、ありがとうございます。
 
春といえば、出会いの季節でもありますね!!

そこで、今回は、プラスに思考に性格を改善した結果、
彼女が出来た体験談を紹介します。

恋人同士の写真

以前に、
>>短眠法で年収を2千万を超えた皆川さんの体験談
を紹介したところ、三十名以上の方から、

「もう一度、頑張ろうと思いました!」
「これから、目標を立て直して挑戦してみます。」
「SSPを聞き流すを辞めていましたが、もう一度、
 聞き流すところから始めてみます」

という嬉しい声を沢山頂きました。

声を届けて下さった方々、本当に、ありがとうございました!!

 
そして、
「短眠で、成功した体験談は、やはり多くの人の希望になるんだなぁ…」
と改めて実感致しました。

そこで、前回は収入面の体験談でしたので、
今回はプライベートが充実した男性の体験談を紹介します。

性格を変える事ができ、彼女が出来た体験談

東京都在住の大塚さんは、短眠法を実践されて
性格を変える事ができ、イメチェンをした結果、
彼女ができたり、仕事で成果を出せるようになりました。

 
今回も、前回と同じように感想を紹介したあと、
大塚さんが短眠に成功したポイントを紹介致します。

短眠になり、生活を改善するお役に立てば嬉しく思います。
それでは、まず最初に大塚さんの感想をご覧ください。

 ※頂いた感想は、改行のみ編集しております。

 ●東京都在住、大塚さん(男性)

 この度初めてメールさせていただきます。
 SSP購入者の大塚と申します。26歳男性です。

 昨年7月ごろにSSPに出会い、通勤時間などで
 音声を聞くようにはしているのですが、なかなかステップ4?5?
 以降の良い習慣を付けるような動きができておらず、朝起きの方も
 3~4段をうろうろしているレベルです。

 早く起きてもネットをしている始末です笑

 
 自分の実家は名古屋で、大学卒業とともに上京し、
 今は都内の会社で働いているのですが、年間休日105程度、
 普段22時くらいまで仕事をしていることが多く、時間を有効活用
 できない生活が続いていたので、ずっと短眠生活をしたいと思っていました。
 

 以前自分が試していた、
 一度徹夜してリズムをまっさらにする・4時間半で起きるなど
 気合と体力勝負な方法に挫折していたところに、上田さんのサイトでは
 それらとは違う新しい方法が載っていたので、これはと思い飛びついた
 のがきっかけです。
 

 以前と比べてプラス思考を身に付けて朝も起きれるようになり、
 イメチェンを果たし彼女もできて生活が楽しくなってきています!

 
 あせらなくても良いとは思いますが、今年こそはもう少し上の、
 ステップ6、7への到達。そして朝起き免許皆伝のレベルまで
 到達したいという宣言もかねてメールさせていただきました!

 良いプログラムをありがとうございました。
 これからも精進していこうと思います。

大塚さんのいい点は、いろいろとありますが、
今回は、キリのいい数で三つにまとめて紹介致します。

 
一つ目は、
1、焦っていない点
だと思います。

 
これは、以前に紹介した皆川さんの感想とも通じる点ですが、

焦ると、一気に自分を変えようと思ったり、上手くいかない時に、
自分を責めてしまい、結局、短眠に失敗することが多くなります。
 

ところが、焦らずに「一つ一つやっていこう」と思うと、
ちょうどいいペースで、新しい習慣を身につけたり、
手頃な目標を見つかりやすくなり
ます。
 

また、
2、完璧を目指さずに適度に力が抜けている点
も大きいです。

 
完璧を目指そうとすると、ストレスがたまりやすい上に、、
他人にも完璧に見せようという心理が働いて、人間関係が
上手くいかないことが多いです。
 

ところが、大塚さんから頂いたメールをよく見ると、
ところどころ、

「なかなかステップ4?5?
 以降の良い習慣を付けるような動きができておらず、」

「早く起きてもネットをしている始末です、笑」

と自分のミスや、できていない点を告白されていますが、
それが人間らしくて、いい味(魅力)を出されていると思います。

また、そうやって、失敗を人にさらけ出すことで、完璧主義の
ストレスもやわらぎ、失敗を活かして成長しやすくなります。

経験上、失敗と成功の両方の報告をされる方は、
それぞれの体験から学ぶことができ、成長が早いです。

目標を達成するために大切なポイント

最後にあげるのは、
3、目標の設定の仕方
が上手な点です。

 
短眠法でプラス思考を身につけると、目標を立てた時点で、
「この目標は自分なら達成できる」
と思えるため毎日が楽しくなります。

というのも、最初から、「できる」と思ってはじめたら、
『この調子で続ければ、未来はこうなる!』
と希望を持てますので、努力も楽しくなるからです。

そして、努力が苦しくないですので、ハタからみると、
「凄いなぁ、あの人あんなに頑張って…」
と思われますが、

 
自分自身は、

「うーん、凄いと言われるけど、自分としては、
 やりたいことをやっているだけだから、普通なんだけどな~」
と感じます。

 
自分では、特に意識せずに普通にやっているだけで、
周りから見たら凄いという状態になる
んですね。

こうなると、様々なスキルを身につけたり、
新しいことに挑戦するのも楽しくなります。
 

このように、何かを始める時に、「できる」という思いで始めるときと、
「できない」と思る場合とでは、大きく結果に違いが出来ます。

最初から「できない」と諦めていると、やる気も起きず、
努力も辛くなります。

短眠法で得たやる気や時間は、全ての悩みを解消するのに使える

そして、目標を設定する際に大切なのは、
「自分が心から達成したい」と思える目標を設定することです。
 

大塚さんは性格を変える、そして、彼女を作る事に
このプラス思考を利用されましたが、

皆川さんのように収入を上げることにも、スキルアップにも、
短眠で身につけたプラス思考は何にでも使えます。

このように、短眠で得た時間やモチベーションを使って、
色々なことを身につけて生活全体を豊かする
人が多く出ると、
私としても、大変嬉しいです♪
 

今回は、>>コチラの最速で短眠をマスターする方法
実践された大塚さんの体験談を通して、

 焦らない
 完璧を目指さない
 目標の設定の仕方

についてお話しましたが、お役に立てば嬉しく思います。
最後までお読み下さり、ありがとうございました。
 
上田真司

このページの先頭へ