健康的に睡眠時間を減らす方法

■健康的に睡眠時間を減らす方法

こんにちは。上田真司です。
本日もメルマガをお読み下さり、ありがとうございます。

 今回の内容は、2014年11月19日に発行したメルマガを
 一部内容を削ってお届けしております。

 短眠法のメルマガは、>>無料プレゼントのページから、
 音声セミナーを受け取った方のみに送信しております。

先日、睡眠時間を減らす方法の教材を購入者された方から
このようなご質問をいただきました。

「短眠になりたいけど、
 睡眠時間を減らして危険ではないのでしょうか?」
─ と。

 
上記のようなご質問を、メルマガ読者さんからも頂きましたので、
もしかしたら、疑問に思っておられる読者さんも多いかもしれない。
と思いましたので、この場をお借りして お答えしたいと思います。
 

やっぱり不安ですよね…

 
実は 私も、睡眠時間を減らすのは危険だと思っていました。

というのも、徹夜をして 心臓まひになる人がいたり、
平均寿命はしっかり眠っている人のほうが長い、

という、医学的な統計を見たことがあったからです。
たしか、その時は、7時間睡眠が一番寿命が長い睡眠時間でした。

 
その統計をみた時に、
「よし!自分は7時間たっぷり眠って健康に生きるぞ!」
と思ったものです。

ところが、色々本を読んだり、人にあって話を聞くうちに、
ショートスリーパーでも長生きで、しかもロングスリーパー
よりも健康的な人が、沢山いる事
がわかってきました。

たとえば、

一番有名な例ですと
“生き方上手”などのベストセラーを書かれた日野原先生ですね。
 

ウィキペディアから引用します。

 100歳を超えてなお、スケジュールは2、3年先まで一杯という
 多忙な日々を送る。乗り物でのわずかな移動時間も原稿執筆に使い、
 日々の睡眠時間は4時間半、週に1度は徹夜をするという生活だったが、
 96歳にして徹夜をやめ、睡眠を5時間に増やしたという(Be2008年1月5日)。

 本人は少なくとも110歳まで現役を続けることを目標にしていると語っている。

 <引用>
  >>ウィキペディア:日野原重明

…凄いですね(汗)
改めて、人間の無限の可能性に驚くばかりです。

 
日野原先生の例を見ながら、

睡眠時間が長くて寿命が長いのもいいけど、
 睡眠時間が短くて寿命が長いのはもっといいな

と思ったのが、私が睡眠時間を減らす方法を研究するキッカケの一つでした。

 
そして、研究していくうちに、同じ睡眠時間が3~5時間の人でも、
下の二つのタイプに分かれることに気付いたのです。

┏────────────────────────────────

 仕事上や環境上仕方なく睡眠時間が短い人

  無理やり睡眠時間を短くするため
  身体に負担がかかり早く亡くなる方も多い

 短い睡眠時間でも完全に体力が回復している人

  いわゆるショートスリーパーと言われる人達

  ストレスがたまりにくいので、病気に強く
  長生きるする人が多い

┗────────────────────────────────
 

もちろん、私がクライアントさんと共に短眠法で目指していくのは、
“短眠法を実践して短い睡眠で元気に動ける人”です。

今日はついでですので、その状態になるためのポイントをご紹介します!
 

健康的に睡眠時間を減らすポイント

 
大事なのは、やはり、
これまで実践しなかったことを実践すること、ですね!

 
たとえば、

 ・音声を聞き流し、これまで入ってなかった情報を脳に入れる
 ・会う人や接する人を変える
 ・出来る範囲で習慣を変えていく

などです。
 

これまでやっていた事を続ければ同じ結果になりますが、
違うことをやれば、必ず違う結果がでます。

 
そして、短眠になるための方法はこれまでのメルマガや、
メルマガ読者さん限定の音声でもお話していますが、大事なのが、
“危険と思わない範囲で実践すること”だと経験から感じます。
 

何度も痛い目に会いました…

 
というのは、私も何回も失敗したのですが…

危険を冒して続けられない事を実践すると、
必ず後で身体や精神に反動がくるんですね。
 

たとえば、

 ・急激に小食にする
 ・急に3時間睡眠で無理やり起きる
 ・今まで運動したことがなかったのに、
  突然、無理な運動をはじめる

などなど。

 
これをすると、急激に痩せて体力が戻らなくなったり、
突然、沢山の睡眠時間が必要になったり、急にダウンしてしまう。

ということが起きてしまいます。

睡眠時間を減らす方法の教材の中でも繰り返しお話していますが、
身体が危険を感じないためにも心がけるべきことは、

 ・睡眠を減らそうとしない
 ・毎日を楽しくする習慣を身につける
 ・潜在意識を書き変えて自然に短眠になる

ことだと私は思います。
 

ぜひ、教材をお持ちの方は教材を、持っておられない方は、
これまで お届けい致しました音声などを 聞き流してみて下さい。

そして、自分が出来るところから実践してみてください。

すると、最初は、

 ・いつも疲れるところで、あまり疲れなかった
 ・前よりも集中力が上がった

という変化が起きると思います。
 

起きている時間の“心”を変えると…

 
日中に変化が起きると、だんだんと、
実践して向上することが面白くなります。

さらに進化を続けると、

・いつも8時間寝ていたけど、ときどき睡眠が
 5時間や4時間で目が覚めるようになった

という日が増えてきます。

 
この時、
身体はスッキリしているので、あまり危険な感じはしません。

日々の習慣や潜在意識が変わることから、短い睡眠時間で
疲労が回復しているから
です。

 
あとは、さらにこれまで配布した音声や、短眠法の教材を
実践して毎日を楽しくすることに集中していきます。

すると、短い睡眠時間で起きることができる回数が
多くなってきます。
 

このように、

“小さな事に見える積み重ねが大きな結果を生む”

これは、これまで配った音声でもお話している通りですね。
 

極意は楽しむこと

 
このように、危険じゃない範囲からやっていくことで、
短い睡眠時間でも健康的に楽しく短眠になっていけます。

「無理に睡眠を減らすのは危険だけど、
 短眠法を実践して睡眠を減らすのは危険じゃない」

というのが、今のところの私の結論です。
 

今回の記事が、睡眠時間を減らす方法を実践する不安が減り
あなたの夢や目標を実現するお役に立てば幸いです。

今日も最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。
 
上田真司

短眠の方法・コツのQ&Aまとめ

■健康によい短眠の方法とは?睡眠を減らすのが不安な人へ
 
こんにちは、上田真司です。
本日もサイトにご訪問下さり、ありがとうございます。

このページでは、簡単にできる短眠のコツや、
睡眠を減らすのが不安な方の疑問に答えます。
 

健康的な短眠の方法で、短く深く眠ることで、
頭と身体がスッキリして、記憶力・集中力・やる気・体力が高まります。
 

ところが、そのような安全な短眠の方法に馴染みのない方は、

 睡眠を減らして健康に悪くないの?
 睡眠時間を減らすと、頭がぼーっとして
  集中できないけど、記憶力は落ちないの?
 睡眠時間を減らすと寿命が減るという統計があるけど、
  睡眠を減らしても大丈夫なの?

と、睡眠時間を減らすことに、とても不安を感じると思います。

私も、短眠法を知ったばかりのときは、同じように不安に思っていました。

そこで、健康的に実践できる短眠の方法をより知って頂くために、、
以下に、それぞれのご質問に答えた記事をまとめてみました。

疑問に思う内容があれば、お読み下さ。

>>1、短時間睡眠法で睡眠を減らすのが不安…
>>2、短眠法は誰でも可能なのか?遺伝子は関係ない?
>>3、なぜ、睡眠時間を減らすと、記憶力・集中力がアップするのか?
>>4、睡眠時間と寿命の関係:短眠は寿命を縮めないのか?
>>5、短眠の危険性、短眠の推奨年齢
>>6、3睡眠睡眠法の危険性、短眠はほどほどに

短眠法への理解が深まり、より元気に活動できる人が多くなれば幸いです。
 

やる気と時間があれば、今までできなかったことも…

 
短眠法は、とても効率的な夢実現法であり、
なりたい自分になるための方法である、と私は考えています。
 

というのは、やる気と時間があれば、たいていの目標は、
達成できる
と思うからです。

 
そして、その一日の活動時間や効率を増やすの短眠法です。

短く深く眠ることで、疲れがスッキリとれて身体から活力が湧き、
集中力・記憶力が大きく高まるからです。
 

そして、短眠法で浮いたたっぷりの時間を使って、
これまで実現できなかった夢や目標を達成できます。

実際に、以下のように短眠になる前は、実現できなかった夢を
達成している人が次々現れています。

>>1、独学で次々と資格に合格
>>2、年収を一千万円以上にアップ
>>3、楽しみながら夢実現・目標達成

(その他にも、希望の就職先や、
 性格が前向きに変わり恋人をゲットなど、
 沢山の声を頂いております。
 
 全ての声を閲覧したい方は、>>コチラのサイトをご覧ください。)

 
何よりも私が嬉しいのは、短眠の方法で作った時間を使い
自分が幸せになるだけではなく、周りの人も幸せにする人が
多く出ていることです。

短眠法によって、疲れや眠気の症状が改善するだけでなく、
沢山の時間と体力で、家族・友人・恋人を幸せにしたり、
社会貢献する人が、一人でも多く出ると嬉しく思います。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 
上田真司

短眠法で年収が一千万円以上の収入を得たお客様の声

■短眠法で年収が一千万円以上の収入を得たお客様の声
 
こんばんは、上田真司です。
今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。
 

>>短眠法(SSP)の教材の販売ページにも
特典の一つに“シークレット特典”と書いてあります通り、

私は時々、購入者の方に、バージョンアップ版の音声や、
追加で能力開発系の音声を送る事があります。
 

昨年末(2013年12月)にも、クリスマスプレゼントと題して、
「手帳の活用法」の音声を贈りました所、SSP購入者の方から、
沢山の嬉しい感想が届きました。

 
その中でも、年収を一千万円以上にあげたお客様の声があり、
メルマガで紹介したところ、大変多くの反響を頂きました。
 

特に、
「しばらくサボっていましたが、もう一度がんばろうと思います!」
「あきらめかけていましたが、やる気が起きました。
 もう一回頑張ってみます」

などなど、≪もう一度、頑張りたい≫という声を沢山頂戴しました。
 

きっと、短眠法を実践する方々の希望になると思いましたので、
こちらのブログでも公開したいと思います。

それでは、さっそくご紹介します。
 

 皆川美菜子さん(仮名)の体験談
 
 メールありがとうございます(^^)。おひさしぶりです。

 年末、忙しくお過ごしのことでしょう。

 私もおかげさまで、元気に忙しく過ごしております。

 短眠は続いていて、ここ2年間は2時半~3時起きの毎日です。
 あのイヤ~な起きてすぐの「眠たい。まだ眠っていたい」←(で、二度寝)
 というのも、全くありません。

 朝起きてトレードという毎日を続けた結果、
 今年は株とFXのトレードで2400万円を稼ぐことができました。

 トレーダーとして継続的に儲けられる自信がついたので、
 パートは今年の夏にやめました。

 パートをやめて、娘たちに勉強を教える時間も取れるようになりました。

 上田さんが、sspで
 「朝起きて毎日1時間何かをする。
  それを1年間続けたら凄いことが起こる」
 と言っていたのは、本当だと思います。

 株のド素人だった私が、短眠を始めて2年間で、プロディーラーと同じ手法で
 短期売買で厳密なテクニカルに基づいて、トレードできるようになったのですから。

 「短眠法は魔法のじゅうたんだ」
 とsspで言われていましたが、まさにそんな感じです。(^^)
 sspが他の短眠法と違うのは、メンタルが強化できる点だと思います。

 それが、私の場合トレードにも良い効果となったのでしょう。

 上田さんの勉強法を語った音声
 (その道のプロを師匠にして、あとは勉強時間を重ねる。)
 も参考になりました来年は、家を綺麗に片付けて、
 さらにトレードの腕を磨きたいと思います。

 (実は、やましたひでこ氏の断捨離講座を今月から始めました。面白いですよ~!)

 電話でお話、いつかしたいですね。sspをもっと広めたいので、個人的には、
 ネットの知人にはしょっちゅう薦めているのですが・・・ 

 では、暮れも押し詰まってまいりましたが、風邪など引かれませぬよう。
 来年も上田さんのますますのご活躍お祈りしております。

 ※添付画像は私のメイン口座のものです。(他にも口座を持っています。)
  ヤフーの質問箱である知恵袋では、画像添付した証拠が無い
  「いくら儲かった」という証言は、全て嘘とみなされる風習があります。

  それももっともだと思うので、添付してみました。(^^)

年収2千万円以上の収入を得た証拠画像

(※感想は、改行や本名が入る部分のみ編集しております。)
 

皆川さんは、最初教材を購入して下さったときに、
『ダメダメの上田さんで出来るなら、私なら絶対にできる』
と言われていました。

私はそう言われて、とても嬉しかったのを覚えています。
 

最初は、ネットサーフィンが止まらなかったり、
仕事も疲れて家事が辛かったり、とても大変な状態でした。

ところが、短眠法を実践されることで、
ネットを見過ぎてしまう癖も辞められて
仕事も楽しくする口ぐせを作って実践されて、
見事、悪い癖を脱出して、短眠になりました。

そして、大変有難いことに、購入から何年かたっても、
よく経過報告のメールを送って下さいました。
 

皆川さんが、短眠に成功したポイントは、
色々あると思いますが、以下の三点がわかりやすいと思います。
 

その1:教材の内容を、自分に合わせて実践したこと

 皆川さんは、口ぐせの内容や、その他のSSPの実践項目を、
 自分に合わせて実践していました。

 時には、歌を作ったり、とても創造的に実践されていたことを、
 今でも思い出します。

 これまで頂いた経過報告のメールも公開の許可を頂いていますので、
 まとめた後に、最後に皆川さんに確認して頂いて追加の特典として
 購入サポートで、プレゼントする予定です。

 
その2:継続して音声を聞き続けた事

 多くの場合は、100点の行動じゃないと、
 「これじゃダメだ!」と辞めてしまう傾向があります。

 私がよく音声の中で、
 【最初は実践しようとせずに聞き流して下さい】
 というのも、最初に、やる気満々で行動を起こして、
 調子がいい状態がとても危険だからです。

 できる限界ギリギリの内容を実践していると、
 どこかで息切れして、実践が続かなくなります。

 すると、「もういいや、自分には無理だ」と諦めてしまうんですね。

 本来なら、聞き流すことからやり直して、一つ一つの
 習慣を変えていけば、大きく変わったハズなのに…

 一気に自分を変えてしまいたいという焦りが、
 継続を難してしまいます。

 
その3:仕事をキチンとしながら、副業に取り組んだこと

 起業や投資で失敗するパターンで多いのは、
 毎日の仕事が嫌で、仕事から逃げる手段として、
 はじめてしまう場合です。

 仕事で安定した収入を得ながら、
 じっくりとスキルを伸ばした場合と違い、
 モチベーションが続かなかったり、
 思うように稼げないことが多くなります。
 

 その結果、リスクが高い行動をとって、
 最後には、借金を背負う人まで出てきます。

 ところが、皆川さんはしっかり仕事をこなした上で、
 副業の収入を上げて、副業だったものに専念できるようになりました。
  
 しかも、キチンと自分に合う先生から、
 副業で稼ぐ方法を学んだ
点も大きいと思います。
 

皆川さんのように結果を出して頂けると、
とてもやる気が出ます。

そして、もっともっと成長して、
もっともっともっと効果的な教材を作りたくなります!!

できれば、教材と縁があった人が、100%みんな実践できて、
みんなが幸せを手にできるような(笑)
 

そんな教材を作れるくらいに成長することが私の目標です。
まだまだですので、日々、努力と工夫を重ねていきたいと思います。

本日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 
上田真司

短眠と食事の関係~ラーメンやケーキもOK?~

おはようございます。上田真司です。
本日もブログにご訪問下さり、誠にありがとうございます。

以前にも、>>短眠の食事 については記事を書きましたが、
今回は、少し違った角度で、短眠の食事の大切なポイントを
お話します。

短眠の食事法のアドバイスをしている時に、
私が、ラーメンやケーキ、チョコレートを食べることがある、
とクライアントさんに伝えるとビックリされる事があります。

この投稿の続きを読む »

体の疲れが取れない時の効果的な対処法

おはようございます。上田真司です。
本日もブログにご訪問下さり、ありがとうございます。

今回は、朝起きても体の疲れが取れない時に、
その疲れをスッキリさせる方法をご紹介します。

これからお話する方法は、体に長年たまった疲れを取るよりも、
一日から三日ほど、無理がかかって体の疲れが取れない時の、
対処法です。

ですので、慢性的な疲労に悩んでいる方は

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ