30秒で朝すっきり目覚める方法


■2つの朝すっきり目覚める方法

おはようございます、上田真司です。
本日もブログにご訪問下さり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、洗面器に熱めのお湯をはって 両手をつけて
手を温める ハンドバスのやり方と、カップル・夫婦で行う
快眠ストレッチの方法をご紹介いたしました。

今回は、ツボ押しや 目が覚めたあと、寝たままの姿勢で行う
30秒間ストレッチで すっきり目覚める方法をお教え致します。

>> 前回の記事:カップル・夫婦で行う快眠ストレッチ

【ツボ押し朝スッキリ目覚める方法

1.首の後ろ、髪の生え際にある「風池(ふうち)」と
  呼ばれるツボを押します。

  風池は、肩こり、頭痛、目の疲れを改善する効果いがいにも、
  風邪の初期症状を緩和させる効果もあります。

2.場所は、首のつけ根、後頭骨の下にあるくぼみを探します。

3.ツボ押しをする前に、まずは、両手の4本の指で頭を支え
  ながら、風池のツボを、親指でゆっくり押します。

4.ツボ押しを、息を吐きながら10秒間続けます。

5.その後、息を吸いながら静かに力を抜いて行く。
  この3~5の動作を何度か繰り返します。

【足上げで朝スッキリ目覚める方法

1.目が覚めたら、布団の中に入ったままでも良いので
  まずは、仰向けで寝ている姿勢になります。

  その姿勢のまま、両足をそれぞれ内側に向けて、
  10cmほど上げます。

2.10cmほど上げたら、その状態を10秒間ほど
  キープします。

3.1~2の動作を、2~3回ほど繰り返します。

4.すると、全身の血液の循環がよくなり、細胞が
  活性化しはじめ、全身が引き締まります。

細胞が活性化する。ということは、身体が目覚めて
いることと同じですので、自然とすっきり目覚める
ことが可能になります。

明日の朝からでも出来る方法ですので、ぜひ、お試しください。

より根本的に 睡眠の問題を解決されたい方は、以下の
淡いグリーン色のバナー をクリックして下さい。

クリックすると 画面が切り替わります。そのサイトに明記
している方法をお試しください。

きっと、短く深く 熟睡できるようになるため、脳も冴えわたり
勉強・仕事の効率を劇的にアップできるはずです。

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに短く深く眠り脳が冴えます。

タグ

2013年2月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:朝起きる方法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ