性格を変えるには?~短眠法で前向きになり、彼女が出来た体験談~


性格を変えるには?~短眠法で前向きになり、彼女が出来た体験談~

おはようございます、上田真司です。
いつもブログをお読み下さり、ありがとうございます。
 
春といえば、出会いの季節でもありますね!!

そこで、今回は、プラスに思考に性格を改善した結果、
彼女が出来た体験談を紹介します。

恋人同士の写真

以前に、
>>短眠法で年収を2千万を超えた皆川さんの体験談
を紹介したところ、三十名以上の方から、

「もう一度、頑張ろうと思いました!」
「これから、目標を立て直して挑戦してみます。」
「SSPを聞き流すを辞めていましたが、もう一度、
 聞き流すところから始めてみます」

という嬉しい声を沢山頂きました。

声を届けて下さった方々、本当に、ありがとうございました!!

 
そして、
「短眠で、成功した体験談は、やはり多くの人の希望になるんだなぁ…」
と改めて実感致しました。

そこで、前回は収入面の体験談でしたので、
今回はプライベートが充実した男性の体験談を紹介します。

性格を変える事ができ、彼女が出来た体験談

東京都在住の大塚さんは、短眠法を実践されて
性格を変える事ができ、イメチェンをした結果、
彼女ができたり、仕事で成果を出せるようになりました。

 
今回も、前回と同じように感想を紹介したあと、
大塚さんが短眠に成功したポイントを紹介致します。

短眠になり、生活を改善するお役に立てば嬉しく思います。
それでは、まず最初に大塚さんの感想をご覧ください。

 ※頂いた感想は、改行のみ編集しております。

 ●東京都在住、大塚さん(男性)

 この度初めてメールさせていただきます。
 SSP購入者の大塚と申します。26歳男性です。

 昨年7月ごろにSSPに出会い、通勤時間などで
 音声を聞くようにはしているのですが、なかなかステップ4?5?
 以降の良い習慣を付けるような動きができておらず、朝起きの方も
 3~4段をうろうろしているレベルです。

 早く起きてもネットをしている始末です笑

 
 自分の実家は名古屋で、大学卒業とともに上京し、
 今は都内の会社で働いているのですが、年間休日105程度、
 普段22時くらいまで仕事をしていることが多く、時間を有効活用
 できない生活が続いていたので、ずっと短眠生活をしたいと思っていました。
 

 以前自分が試していた、
 一度徹夜してリズムをまっさらにする・4時間半で起きるなど
 気合と体力勝負な方法に挫折していたところに、上田さんのサイトでは
 それらとは違う新しい方法が載っていたので、これはと思い飛びついた
 のがきっかけです。
 

 以前と比べてプラス思考を身に付けて朝も起きれるようになり、
 イメチェンを果たし彼女もできて生活が楽しくなってきています!

 
 あせらなくても良いとは思いますが、今年こそはもう少し上の、
 ステップ6、7への到達。そして朝起き免許皆伝のレベルまで
 到達したいという宣言もかねてメールさせていただきました!

 良いプログラムをありがとうございました。
 これからも精進していこうと思います。

大塚さんのいい点は、いろいろとありますが、
今回は、キリのいい数で三つにまとめて紹介致します。

 
一つ目は、
1、焦っていない点
だと思います。

 
これは、以前に紹介した皆川さんの感想とも通じる点ですが、

焦ると、一気に自分を変えようと思ったり、上手くいかない時に、
自分を責めてしまい、結局、短眠に失敗することが多くなります。
 

ところが、焦らずに「一つ一つやっていこう」と思うと、
ちょうどいいペースで、新しい習慣を身につけたり、
手頃な目標を見つかりやすくなり
ます。
 

また、
2、完璧を目指さずに適度に力が抜けている点
も大きいです。

 
完璧を目指そうとすると、ストレスがたまりやすい上に、、
他人にも完璧に見せようという心理が働いて、人間関係が
上手くいかないことが多いです。
 

ところが、大塚さんから頂いたメールをよく見ると、
ところどころ、

「なかなかステップ4?5?
 以降の良い習慣を付けるような動きができておらず、」

「早く起きてもネットをしている始末です、笑」

と自分のミスや、できていない点を告白されていますが、
それが人間らしくて、いい味(魅力)を出されていると思います。

また、そうやって、失敗を人にさらけ出すことで、完璧主義の
ストレスもやわらぎ、失敗を活かして成長しやすくなります。

経験上、失敗と成功の両方の報告をされる方は、
それぞれの体験から学ぶことができ、成長が早いです。

目標を達成するために大切なポイント

最後にあげるのは、
3、目標の設定の仕方
が上手な点です。

 
短眠法でプラス思考を身につけると、目標を立てた時点で、
「この目標は自分なら達成できる」
と思えるため毎日が楽しくなります。

というのも、最初から、「できる」と思ってはじめたら、
『この調子で続ければ、未来はこうなる!』
と希望を持てますので、努力も楽しくなるからです。

そして、努力が苦しくないですので、ハタからみると、
「凄いなぁ、あの人あんなに頑張って…」
と思われますが、

 
自分自身は、

「うーん、凄いと言われるけど、自分としては、
 やりたいことをやっているだけだから、普通なんだけどな~」
と感じます。

 
自分では、特に意識せずに普通にやっているだけで、
周りから見たら凄いという状態になる
んですね。

こうなると、様々なスキルを身につけたり、
新しいことに挑戦するのも楽しくなります。
 

このように、何かを始める時に、「できる」という思いで始めるときと、
「できない」と思る場合とでは、大きく結果に違いが出来ます。

最初から「できない」と諦めていると、やる気も起きず、
努力も辛くなります。

短眠法で得たやる気や時間は、全ての悩みを解消するのに使える

そして、目標を設定する際に大切なのは、
「自分が心から達成したい」と思える目標を設定することです。
 

大塚さんは性格を変える、そして、彼女を作る事に
このプラス思考を利用されましたが、

皆川さんのように収入を上げることにも、スキルアップにも、
短眠で身につけたプラス思考は何にでも使えます。

このように、短眠で得た時間やモチベーションを使って、
色々なことを身につけて生活全体を豊かする
人が多く出ると、
私としても、大変嬉しいです♪
 

今回は、>>コチラの最速で短眠をマスターする方法
実践された大塚さんの体験談を通して、

 焦らない
 完璧を目指さない
 目標の設定の仕方

についてお話しましたが、お役に立てば嬉しく思います。
最後までお読み下さり、ありがとうございました。
 
上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに短く深く眠り脳が冴えます。

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ