短時間睡眠法で睡眠を減らすのが不安な方へ


短時間睡眠法で睡眠を減らすのが不安な方へ

こんばんは。上田真司です。
今日もお読みくださり、誠に ありがとうございます!

さて、最近、メルマガ読者のNさんから、

短時間睡眠法で睡眠時間を減らすことに不安を感じている… 」

という ご質問をいただきました。

今回 ご質問いただいた内容は、短時間睡眠法を実践する際に、
とても“重要なポイント”を含んだ ご質問なのです。

そこで今回は、Nさんに許可を頂き、この場を借りて、ご質問にお答え
すると同時に、その“重要なポイント”も お教え致します。

それでは、早速、Nさんから頂いたご質問内容をご紹介致します。

▼睡眠時間を減らすことに 不安を感じてしまいます…

上田先生、はじめまして。Nと申します。

いつもとっても役立つ短眠のメルマガやホームページの記事を
本当に ありがとうございます!

私は、これまで、沢山のショートスリーパーになる方法を
試してきましたが、恥ずかしいことに、どれも苦しく続きませんでした。
(これは上田先生のホームページにも書いてある通りでした)

ですので、上田先生の“楽しく自然に短眠になる方法”に
とても興味を持っています。

ただ、その苦しい経験からか…

どうしても、睡眠時間を減らすことに不安を持ってしまいます。
でも、やっぱりショートスリーパーになりたい気持ちもあるのです。

自分でも、どっちなんだ、って思いますけど…
こんな私になにかアドバイスをいただけないでしょうか?

※頂きましたご意見・ご感想は、改行のみ編集させて頂いております。

Nさん、ご質問いただき、ありがとうございました!

私もNさんと同じく、苦しい経験をしてきましたので、
「 いろいろな方法を試したけど、どれも苦しく続かなかった 」
という部分に、非常~に 共感を覚えました。

私も、Nさんと同じように、睡眠を短くすることに対して、
とても強い恐怖心をもっていました…。

もしかしたら、短時間睡眠法を実践されるに当たって、あなたも、
Nさんと同じような疑問を 抱かれておられるカモ知れませんね。

そこで、その疑問を解決する為に、今から 私が行った対策を
お伝えしたいと思います。

 

●睡眠を短くすることに“恐怖”を感じる方にお勧めの方法

それは…
“ 睡眠時間を短くすることを諦める ”です。

 

これは、私も正直 驚いたのですが、
睡眠を短くしようとして、苦しい想いをしていた私は、ある時、
“短くするのは もうイヤだ!”と言って諦めてしまったんですね(涙)

しかし、この 「 睡眠時間を短くすることを諦めた 」 ことが
返って、短時間睡眠法を成功させる“キッカケ”となったのです。

睡眠を短くすることを諦めた私が、次に実践したことは、

『 起きている時間を楽しく過ごしていること 』です。

 

そう。睡眠を短くすることを諦める前の私は、
いろいろな本を読んだり、セミナーに参加して学んだ内容を
自分の身体で実践しながら、実際に 効果を確かめていたのですが…

『 この方法は効果的だな 』
「 この方法は効果がなかった 」
『 あぁ… また同じ失敗をしてしまった… 』

という具合に、毎日がトライアンドエラーの繰り返しだったんです。

そんな中、偶然にも、驚くべき変化が私に起こったのです。

そう。起きている時間を楽しく過ごす習慣が 身につくにつれ、
次第に、睡眠時間も どんどん短くなっていたのです。

しかも、“体も頭もスッキリして疲れていない”という
ショートスリーパーに変身していたんですね。

これは、後で分かった事なのですが、日本や世界にも沢山いる、
自然にショートスリーパーになった人たちと、お話させて頂くと、

 

● 1日1食か 2食の 超小食 に変える
● 睡眠時間は90分の睡眠リズムで 3~4時間半で起きる
● 3~4時間で起きて、日中眠くなったら15分の仮眠をとる
● 早朝から起きて、冷たいシャワーや 熱いシャワーを浴びる

といった、一般的に言われている 苦しい短眠法を実践している方が
非常に少なかったのです。

むしろ、起きなければならない理由があり、日中を楽しく過ごしたり、
短い睡眠時間で過ごしている内に、短眠になった方ばかりです。

 

このように、数々の実例からも明らかなように、
「 睡眠を短くしようとせず、楽しく過ごすことに集中する 」
ことは、短眠になる為には“必要不可欠な要素”だと私は思います。

では一体、どうすれば 日中を楽しく過ごすことが出来るのか?

その 詳しい実践方法は、以下のページで公開しています。
▼>>4時間熟睡法のノウハウ は コチラ をクリック!

上記の方法を実践して頂けましたら、下記と同じような結果を
あなたも手にできると、私は確信しています。

▼>>上記の短眠法を実践して得た恩恵がコチラ

 

それでは、今日も最後までお読み下さり ありがとうございました!

これからも、短時間睡眠法を成功へと導く情報を配信して
参りますので、どうぞ お楽しみに♪

上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに短く深く眠り脳が冴えます。

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ