短眠の方法・コツのQ&Aまとめ


■健康によい短眠の方法とは?睡眠を減らすのが不安な人へ
 
こんにちは、上田真司です。
本日もサイトにご訪問下さり、ありがとうございます。

このページでは、簡単にできる短眠のコツや、
睡眠を減らすのが不安な方の疑問に答えます。
 

健康的な短眠の方法で、短く深く眠ることで、
頭と身体がスッキリして、記憶力・集中力・やる気・体力が高まります。
 

ところが、そのような安全な短眠の方法に馴染みのない方は、

 睡眠を減らして健康に悪くないの?
 睡眠時間を減らすと、頭がぼーっとして
  集中できないけど、記憶力は落ちないの?
 睡眠時間を減らすと寿命が減るという統計があるけど、
  睡眠を減らしても大丈夫なの?

と、睡眠時間を減らすことに、とても不安を感じると思います。

私も、短眠法を知ったばかりのときは、同じように不安に思っていました。

そこで、健康的に実践できる短眠の方法をより知って頂くために、、
以下に、それぞれのご質問に答えた記事をまとめてみました。

疑問に思う内容があれば、お読み下さ。

>>1、短時間睡眠法で睡眠を減らすのが不安…
>>2、短眠法は誰でも可能なのか?遺伝子は関係ない?
>>3、なぜ、睡眠時間を減らすと、記憶力・集中力がアップするのか?
>>4、睡眠時間と寿命の関係:短眠は寿命を縮めないのか?
>>5、短眠の危険性、短眠の推奨年齢
>>6、3睡眠睡眠法の危険性、短眠はほどほどに

短眠法への理解が深まり、より元気に活動できる人が多くなれば幸いです。
 

やる気と時間があれば、今までできなかったことも…

 
短眠法は、とても効率的な夢実現法であり、
なりたい自分になるための方法である、と私は考えています。
 

というのは、やる気と時間があれば、たいていの目標は、
達成できる
と思うからです。

 
そして、その一日の活動時間や効率を増やすの短眠法です。

短く深く眠ることで、疲れがスッキリとれて身体から活力が湧き、
集中力・記憶力が大きく高まるからです。
 

そして、短眠法で浮いたたっぷりの時間を使って、
これまで実現できなかった夢や目標を達成できます。

実際に、以下のように短眠になる前は、実現できなかった夢を
達成している人が次々現れています。

>>1、独学で次々と資格に合格
>>2、年収を一千万円以上にアップ
>>3、楽しみながら夢実現・目標達成

(その他にも、希望の就職先や、
 性格が前向きに変わり恋人をゲットなど、
 沢山の声を頂いております。
 
 全ての声を閲覧したい方は、>>コチラのサイトをご覧ください。)

 
何よりも私が嬉しいのは、短眠の方法で作った時間を使い
自分が幸せになるだけではなく、周りの人も幸せにする人が
多く出ていることです。

短眠法によって、疲れや眠気の症状が改善するだけでなく、
沢山の時間と体力で、家族・友人・恋人を幸せにしたり、
社会貢献する人が、一人でも多く出ると嬉しく思います。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 
上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに短く深く眠り脳が冴えます。

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ