短時間睡眠法(短眠法)とは?


短時間睡眠法(短眠法)とは?

まず、短時間睡眠法(短眠法)とは、

・ 学校や仕事もある中、資格の取得のため勉強しなければ…
・ 仕事もあるのに、家事も育児もしなければ…
・ やりたいことが沢山あるけど、時間がない。
でも、睡眠を削ると体力がもたない…

向上心が強いが故に起こる、それら悩みを解消する方法が、
短眠法(短時間睡眠法)です。

短く深く眠ることで、スッキリ疲れが回復し、
記憶力・集中力が倍増します。

(その理由については、>>Q&Aのコーナーをご覧下さい。)

その 得した自由な時間を有効に活用し、仕事・勉強・試験などで
最高のパフォーマンスを発揮するのが、この 短時間睡眠法 なのです。

 

実際に、私も短眠になり、ニートの状態から脱出することが
できましたが、同じく短眠法で大きく人生を逆転した人は、沢山います。

その一部の声は下記の記事でも以前に紹介しております★

>>楽しみながら夢を実現する方法
>>独学で資格試験に合格した最強の勉強法

このように普通では考えられない結果が出るのも、
短時間睡眠法(短眠法)で睡眠時間を短くすると、
一日の時間が大きく増える上に、集中力、記憶力も増すからだと思います。

 

何をどう頑張っても、寝ている間は全く何もできません。
起きて活動した分、人は多く経験でき 成長することができます。

勉強するにしても、スキルアップするにも、読書をするにも、
なにか発明するにも、研究するにも、仕事をするにも、
まず、起きて活動する時間を確保することが最も大切ですよね。

だからでしょうか、“偉人”といわれる人の多くは、
短い睡眠時間で、日中の活動時間が長い人が多い
です。

万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンンチは、
1日の睡眠時間が 90分だったといわれています。

あの、発明王エジソンは2~4時間の睡眠。
常勝将軍ナポレオンは 4時間睡眠でした。

そのほか、アンドリュー・カーネギー、ナポレオン・ヒル
などなど、世界の偉人の多くはみな 短時間睡眠(短眠)です。

 

日本では、100万部のベストセラー作家である
日野原先生が有名ですね。

若い頃は 4時間睡眠でしたが、90歳を越えた今でも
5時間睡眠で精力的に活動されています。

もちろん、その他にも、4時間睡眠で元気に動ける人たちが
ボストン州立大学の精神科医アーネスト・ハルトマン氏の実験で
数多く確認されています。

 

これらの人達は、4時間半熟睡法(短眠法)で疲れを回復し、
8時間以上眠らなければ活動できない人達が眠っている間も、
元気に活動し、充実した毎日を楽しんでいます。

4時間半熟睡法を行った事がない人も、
現時点で、8時間や9時間以上眠っている人でも ご安心ください。

一つ一つのステップを踏み潜在意識を変えていけば、
1日、1時間、2時間と睡眠を短くしても、健康で元気に、
活動することができるようになってきます。

 

そして、4時間半熟睡法によって、日々向上を重ねていけば、
世界の偉人たちと同じように、短く深く眠る短眠で 疲労を回復させて、
高い集中力・記憶力・創造力を発揮することも夢ではありません。

なぜなら、人間の可能性は無限だからです。

それは、理論や理屈ではなく、私自身が11時間以上眠っていた
状態から、 短時間睡眠法を使い短眠になれた。

その経験からも、また、延べ2000人以上の方を短眠へ導いた
実例からもハッキリと断言できます。

あなたと一緒に 4時間半熟睡法 を活用して、意義ある人生を送りたい。
このブログが、その願いをかなえるキッカケになれば嬉しく思います。

上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに短く深く眠り脳が冴えます。

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ