短眠の方法~効果的な短眠の方法の1つを公開~


短眠の方法~効果的な短眠の方法の1つを公開~

おはようございます。上田真司です。
今日は、効果的な短眠の方法の一つをご紹介します。

それは、
『 自分の限界の一歩上に“できる”と思い挑戦すること 』です。

この一歩上、というのが、この短眠の方法のポイントです。

人間は自分のことをどう思っているかで、出せる力が変わってきます。

ウェイトトレーニング(ダンベルなどの重りをつかったトレーニング)
の世界には、マックス、という言葉あるそうです。

 

このマックスとは、
『その人が持ちあげることができる最大重量 』 のことです。

あるトレーナーから聞いた話ですが、
トレーニング中に、人にアドバイスします。

『 これはマックスよりも少し重いけど、
 がんばって持ち上げてみましょう 』

とマックスより軽いおもりを持たせるのです。
そうすると、その人は重りを持ち上げることができません。

 

次に、こうアドバイスします。

『 マックスより少し軽いので、
 最後にこれを持ち上げて終わりましょう!! 』

すると、なんとマックスより重いものを持ち上げてしまうそうです。

 

『これは持てない』と思っていると、
持てる力のあるものでも持てない。

『これは持てる』と思っていると、
普段持てる力のないものでも、持ちあげることができるのです。

人間は自分のことをどう思っているか、で出せる力が変わってきます。
この人間の性質を短眠の方法を実践する時に利用するんですね。

 

たとえば、

●あまり楽しくない作業

が生活の中にあるとします。それは家事かもしれませんし、
仕事かもしれません。

>> 短時間睡眠法で睡眠を減らすのが不安です…【質問の回答】

でもお話していますが、楽しくない作業があると、
一日の疲れが増し、短眠から遠ざかってしまいます。

 

下記で公開している、短眠の方法を実践して頂ければ、
“楽しくできる”という思いを強め、実際に、作業を楽しむ
ことで、自然に睡眠が短くなる経験ができます。

>> 効果的な短眠の方法を公開

自分の限界の少し上を“できる”と強く思うこと、
ぜひ実践してみてください。

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに短く深く眠り脳が冴えます。

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ