不眠に効く食べ物を2つご紹介します。


不眠に効く食べ物を2つご紹介します。

おはようございます、上田真司です。
本日もブログにご訪問下さり、誠にありがとうございます。

さて、前回では、食生活を見直し改善することが、不眠改善にも
つながる理由を、お伝えしました。

そこで今回は、不眠に効く食べ物を2つご紹介いたします。

>> 前回の記事:ふだんの食事が不眠改善の基本

不眠に効く食べ物は、以下の2つです。

★レタス
★タマネギの浅漬け

1つ1つ解説していきます。

 

■レタス:

 実は、レタスは昔から催眠効果があると言われてきました。

 その理由は、レタスの白い部分に含まれている成分
 “ラクッコピコリン”が、感情を鎮めてくれる鎮静作用があり、
 眠りを促してくれる作用があるからです。

 ですので、レタスを意識的に摂取することも、不眠改善の
 1つの方法でもあります。

 

■タマネギの浅漬け:

 これは、スライスしたタマネギを酢に漬けたものです。
 それによって、入眠を促す効果があると言われています。

 実際、タマネギのあの独特の臭い「硫化アリル」には、
 血液の流れをスムーズにしてくれる作用があります。

 そして、“酢”も血液の流れを良くして、血中コレステロールや
 血糖値をコントロールしてくれます。

 それらの効用によって、案眠効果があるとされています。

 

これらの食事を、意識的に摂取しながら、これまでご紹介した
不眠解消法をお試しください。

それらの相乗効果によって、不眠改善へと着実に向かうことが
出来るようになります。

以上、不眠に効く食べ物をご紹介いたしました。
今日も最後まで お読み下さり、ありがとうございました!

上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに短く深く眠り脳が冴えます。

タグ

2013年4月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:不眠解消法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ