朝時間活用で資格試験の合格率が上がる理由


おはようございます。上田真司です。
本日もブログにご訪問下さり、誠にありがとうございます。

今日のテーマは、
朝時間活用で資格試験の合格率が上がる理由」です。

私は、短眠法と一緒に、資格試験の勉強法や
記憶術を教えることも多いです。

そして、社会人、学生の方に、ともに有効な手段が、
朝時間を活用して、勉強する方法です。

 

というのは、資格試験に合格できないパターンとして、

 1、仕事や家庭の問題で疲労がたまり、
   勉強まで体力が回らない

 2、そのため、勉強しようと思うものの、
   疲れてしまって、勉強ができない

 3、「勉強しなきゃ…」と焦るものの、
   なかなか勉強が進まない

というパターンが多いからです。

 

そこで、疲れがたまらない朝に勉強することで、
集中力が高い状態で勉強し、記憶にも残りやすいため、
倍の効率で勉強が進むのが、朝時間を活用した勉強法です。

勉強の内容もスイスイ頭に入りますので、
「この調子で勉強していれば合格できる!」
という思いも強くなります。

これは、>>偉大な成功法則「目的を達成する習慣」 で語られている内容

とつながりますが、毎日コンスタントに行動できることで、
心に 下記のような変化が起き、合格率がグンと上がります。

勉強が頭に入るので
合格を確信できる

やる気が高まる

合格できる勉強量をこなせる

ただ、この朝時間を活用して、合格する方法の
唯一の欠点が、

 ▼二度寝が止まらず、朝起きられない

 ▼時には、目覚ましの音に気づかないくらい熟睡している

 ▼朝起きたはいいものの、頭がボーっとして、
  なかなか起きられない

というパターンに入り、朝に弱いために、
朝時間を活用することができない人がいる点です。

かくゆう私が、二度寝が止まらない人間で、
全く朝に起きられないタイプでした(汗)

 

でも、朝弱い人も大丈夫です。
なぜなら、今、弱いなら、これから強くなればいいからです。

この場合は、朝起きる方法のメール講座の方法を実践して、
朝に強くなっていくといいと思います。

 

実際に、講座を受講された方からも、

「起きようと思っていないのに、自然に朝4時に目が覚めた。」
「これなら、二度寝が止まらない自分にもできると思った。」

という喜びの声を頂いておりますので、朝が弱い人も、きっと、
『自分も朝時間を活用して、スッキリした頭で勉強できるんだ!』
と希望を持って頂けると思います。

>>朝が極度に弱い人でも、朝に強くなるメール講座はコチラ

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに短く深く眠り脳が冴えます。

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ